六回裏、富山1死一、三塁。海老原が中犠飛を放ち、1点を返す=高岡西部総合公園野球場

地域スポーツ

富山が信濃に敗れる 先発ラミレス不調 ルートインBCリーグ前期

2018/05/12 02:00

 ルートインBCリーグ前期(11日・高岡西部総合公園野球場)富山GRNサンダーバーズは信濃グランセローズに1-7で敗れ、7勝7敗で貯金ゼロとなった。

 

 富山は先発ラミレスが不調で初回に1点を先行され、五回には連打に捕逸、暴投、エラーが重なり4点を奪われた。九回にも1点を追加され、投手陣が踏ん張りきれなかった。

 

 富山は六回裏に反撃したが連打が続かず、信濃の先発ギジェンや救援の投手陣に5安打1点に抑えられた。富山は12日、県営富山球場で滋賀ユナイテッドと対戦する。

 

 富山は五回の守備の乱れが響いた。先発・ラミレスは右足のけがもあり、制球が定まらなかった。

 

 四回の2死満塁のピンチを力のあるストレートでしのいだが、五回は先頭打者を四球で出した後、捕逸、犠打の1死三塁から適時打と二塁打を浴びて2点を献上、暴投も重なり、伊藤監督もたまらず交代を告げた。

 

 救援の阿部はファーストストライクを狙われて適時打を浴び、味方のエラーもあり、さらに2点を奪われた。九回も初球を打たれ、だめ押しの追加点を許した。

 

 伊藤監督は4回2/3を投げた阿部について「今後、先発も考えており、今は経験を積んで、投球術を学んでほしい」と期待を込めた。