値上げが検討される万葉線=高岡駅前

万葉線、値上げ検討 定期外運賃

2018/06/06 02:02

 高岡、射水両市を結ぶ路面電車・万葉線を運営する万葉線株式会社(高岡市)は、定期外の運賃の値上げを検討している。車両の老朽化に伴って修繕費の増加が見込まれるため。19日の取締役会で取り上げる。定期券以外の値上げに踏み切れば、2002年の第三セクター化後初めてとなる。

 

 同社は消費税が8%となった14年に、定期券を2・85%値上げしたが、定期外の運賃は、02年以降は乗車区間に応じて150円、200円、250円、300円、350円で変わっていない。

 

 ただ、17年度は車両故障に伴い、修繕費が前年度比2260万円増の6250万円となった。これに対応し、併せて電停の改修や冷房の導入などサービス向上も図るため、同社は値上げを考えることにした。