無安打無失点リレーで監督初勝利を収め、ハイタッチをして喜ぶ伊藤監督

伊藤監督初白星 富山GRNサンダーバーズ、ホーム開幕戦

2018/04/14 02:02

 ルートインBCリーグ前期(13日・高岡西部総合公園野球場ほか)富山GRNサンダーバーズはホーム開幕戦で滋賀ユナイテッドを3-0で下した。投手4人のリレーで相手打線を無安打に抑え、伊藤智仁新監督の初白星を飾った。

 

 富山は二、四回の好機を逃さず着実に走者をホームに帰し、4安打で3得点と効率のいい攻撃だった。先発のラミレスは5回6四死球と制球に苦しんだが要所を抑え失点を許さなかった。

 

 富山は14日、守山市民球場で滋賀と対戦、吉田凌太が先発する。

 

 伊藤監督は就任初勝利に「ホームで勝てて良かった。一安心した」と安堵(あんど)の表情を見せた。「ラミレスは直球に力があり、バックもよく守っていた」とたたえた。打撃については「もっとつながる打線。もっと思い切りよく行けばいい」とさらなる奮起を促した。

 

 ラミレスの五回での降板は「実戦は2回目の登板でまだ慣れていないので、予定通りにした」と指揮官。「取れるアウトをしっかり取り、ロースコアの試合を勝っていく」と力を込めた。

 

 先制打を放った新戦力の小川は「無我夢中で球に食らいついた。これまで結果が出ていなかったが、ようやくチームの一員になれた気がする」と笑顔を見せた。3連戦の初日を白星で飾り「土日も勝って3連勝で来週につなげる」と意欲を示した。