内田遥さんと麗奈さんから特別授業を受ける児童=上市町白萩西部小

県外大学生、上市を紹介 インターンシップ

2017/09/05 02:03

 上市町観光協会が初めて実施したインターンシップツアーに参加した県外の女子大生が最終日の4日、同町白萩西部小で全校児童24人に特別授業を行い、研修を通じて感じた同町の魅力を地元の児童に伝えた。

 

 明大2年の内田遥さん(神奈川)と、常葉大2年の内田麗奈さん(静岡県)が1日から4日まで町内を巡り、町の魅力を外部の目線で探った。

 

 2人は印象に残った寺社や名所の写真約15枚と町内の簡単な地図を描いた模造紙を用紙、児童に写真を示しながら、クイズ形式で歴史などを説明した。あまり知られていない話題も登場し、児童たちも驚いた様子だった。

 

 平井正俊校長は「児童は自分で分からない町の魅力を大学生に気づかせてもらい、古里に誇りを持つきっかけになってもらえれば」と話した。

 

 同町観光協会は2人に上市のファンになってもらい、引き続き、魅力発信に貢献してもらう。